MENU

お問い合わせ

日中間VPNソリューション

日中間の通信を快適に

China Connectとは

中国の国内・国際の通信が遅い

インターネット利用人口が多い
2017年6月末時点の中国インターネット利用者数は7.51億人で、インターネット普及率は54.3%となっており、固定通信のスピードは5.2Mbps、モバイルは6.2Mbpsとなっております。
※実際には、都市部での固定回線では1~3Mbps前後、モバイル(4G)では見晴らしのよい場所で1~2Mbps前後のスループットが実情です。
国際間通信のインフラ投資が進んでいない
国際間通信(中国と海外との接続)は、中国のインターネット人口1人あたり8.9Kbpsしかありません。
帯域が細くコストは高い
日中間の通信帯域は細く、また通信事業者間のコストが高いため、わざわざ遠回りをしてアメリカなどの安価なルートを自動的に選んで、日中間の通信を行うケースが発生します。こちらも通信が遅くなる原因の一つになっています。

※1 出典:Akamai社が出したQ2 2016 State of the Internet Connectivity Reportにより

インターネット規制

日中間のインターネットVPNの利用
中国国内の一部では個人向けインターネットVPNサービスの提供を禁止する取締りの強化が行われています。
また、IP-VPNは中国国内で正規ライセンス(増値電信業務経営許可証)を有する事業者のみ提供可能です。
中国サイバーセキュリティ法
中国で収集した個人情報・重要データの中国国内での保管が義務化されました。
これらのデータを中国国外に提供する必要がある場合には、同意の取得やセキュリティ評価が必要となる場合があります。
ICP登録・ICPライセンス
中国国内のサーバ上でWebサイトの公開やビジネスを展開する際には、ICP登録や、業種によってICPライセンスが必要です。

クララの強み

チャイナコネクト日中間VPNソリューション

チャイナコネクトは、中国最大手の通信事業者中国電信のグローバルネットワークバックボーンを利用することにより、通信遅延の影響を最小にした日中間の高速且つセキュアなVPN環境を実現しています。クララオンラインは、チャイナコネクトを利用して日中拠点間(オフィス・データセンター)のVPN環境をソリューションとしてご提供し、日中間の頻発する「通信が遅い」「通信が途切れる」といった問題を改善しています。

画像

チャイナコネクトの3つの特徴

料金表

初期料金 チャイナコネクト回線 (A) 150,000円
天王洲POPルータ (B)(国内拠点、中国拠点とのVPN設定費用含みます) 100,000円
合計 (A+B) 250,000円
月額料金(回線)※IPv4アドレス1個の場合 2Mbps~ 64,000円~
月額料金 (ルータ) 天王洲POPルータ ご利用料金
(VPN監視費用を含みます)
25,000円~

チャイナコネクトの料金表

コンサルティング

ビジネス面でもIT面でも総合的にサポート

10年以上に及ぶ中国インフラ構築の経験値
画像

2006年の中国展開以後、クラウド設計・運用に限らず、中国国内のバックボーンネットワークの構築、大手通信事業者へのホスティングサービスのOEM、大規模ゲームインフラの構築・運用など豊富な経験を有しております。

豊富なビジネスコンサルティングのご提供経験
画像

お客様のクロスボーダービジネスの発展をご支援するという目的のもと、数多くの上場企業・大手企業の合弁会社設立・知的財産権に関わる取引・中国の通信関連規制等への助言・中国事業の経営戦略策定支援などの実績があります。

多国籍メンバーによるシームレスなコミュニケーション
画像

クララオンラインの東京・北京の拠点では、双方での日本語・中国語対応可能なメンバーにより、お客様のクラウド・ネットワークに関する設計から運用フェーズ、およびICP登録のお手続きまでをワンストップでご提供するスピーディな対応が可能です。

クラウド・ネットワークインフラの設計・構築・運用体制
画像

創業20年間を超える経験により、常にお客様のクラウド・ネットワークの最適解を導き出すノウハウを有しております。

China Connectに関するご相談・お問い合わせ

事例紹介

国内最大のアイドルイベントの中国へのライブ配信 (2016年・2017年)

お客様の情報
業種
: 大手アイドル事務所
株式
: 未上場
従業員数
: 500人以下
お客様のご利用構成
回線帯域
: 10Mbps
ネットワーク構成
: ChinaConnect 冗長化構成(ダブル)
サーバ構成
: 日系IaaS 鴻図雲 複数インスタンス

ChinaConnect 国内最大のアイドルイベントの中国へのライブ配信 (2016年・2017年)

中国拠点から日本国内の業務システムへのアクセス環境

ChinaConnect 中国拠点から日本国内の業務システムへのアクセス環境

お客様の情報
業種
: 大手自動車部品メーカー
株式
: 東証一部上場
従業員数
: 8,000名
お客様のご利用構成
ネットワーク構成
: ChinaConenct シングル構成

日中間のテレビ会議システムでの利用

お客様の情報
業種
: ビジュアルコミュニケーション業
株式
: 東証マザーズ上場
従業員数
: 1,000名
お客様のご利用構成
ネットワーク構成
: ChinaConenct シングル構成

ChinaConnect 日中間のテレビ会議システムでの利用

ご利用の流れ

STEP 1

お客様の状況・ご要望をヒアリングした上で提案

STEP 2

接続をテスト※拠点間の通信速度の比較を提示

STEP 3

発注後、VPN構成、国際回線を手配

STEP 4

リリース※発注から利用開始まで約1カ月かかります。

利用シーン

パブリッククラウド間の連携

AWSなどのパブリッククラウドに既存のMPLS VPN環境を接続することも可能です。

パクリッククラウド間の連携

中国の複数拠点から接続するチャイナコネクトの帯域を共有することで、コストを削減できます。

中国拠点から日本国内の業務システムへのアクセス環境

中国インターネットユーザ向け越境EC

サーバを日本に置くことによって、現地法人がなくても、ICP登録などの許可なしに運営することが可能、且つ高品質の通信環境を実現します。

STEP 2

ご利用に関する注意点

検証環境を提供できますか
はい、可能です。その際に検証環境を構築する費用は発生します。
中国国内の複数拠点の利用は可能ですか?
はい、可能です。チャイナコネクト網に接続するまでは中国国内のインターネット回線を利用することになります。
最低利用期間はありますか
12ヵ月となっております。
チャイナコネクトをを利用する時にネットワーク機器を用意する必要はありますか?
基本的にお客様拠点側の機器はお客様自身でご用意いただきますが、ご要望に応じて弊社で対応可能な場合もございますので、お気軽にご相談ください。
365日24時間対応してますか(サポート)
はい、対応しております。
トラフィックの状態は確認出来ますか?
はい、可能です。
申込から回線開通までどのくらい日数が掛かりますか?
約1カ月となります。
サービスの優位点を教えてください。
専用線とインターネットVPNの中間のポジションにあり、低価格で高品質な日中間VPNをご利用可能です。

お問い合わせ

China Connectご利用に関するご相談・お問い合わせはこちら