Raspberry pi 4 が日本で発売されましたよ!(追記:USB-Cバグ修正版のようです)

Raspberryを何台も持っているunoです。
歴代のmodelBは大体2台づつ持っています。自分用と布教貸し出し用ですネ。

さて、Raspberry pi4 の発表が今年春にありましたが、技適の影響やなんやらで発売が遅れているようで。

技適とかの説明はここではしませんが、既に9月の時点では技適を通過していました。

・ラズパイ4が技適を通過して総務省データベースに登録されました(ラズパイダ)
https://raspida.com/rpi4b-released-japan

なので、海外からの輸入等で購入して使えるのかな、、と思ったのですが、日本の代理店は販売が無く、はて、、と思っていたところ、技適は通っているけど表示不備の関係で日本では使えないとの見解がポツポツとみられました。

・Raspberry Pi 4最新情報(スイッチサイエンス)
https://mag.switch-science.com/2019/10/11/pi4-notyet/

既にamazon等では、輸入代理販売をしているものもありましたが、電波法違反をするわけにはいかず、まだかまだかと首を長ーくして待っていたところ、11月22日ころから予約版売のサイトがちらほらと、、

・Raspberry Pi 4 先行予約販売のご案内(株式会社 ケイエスワイ)
https://raspberry-pi.ksyic.com/news/page/nwp.id/86

・「Raspberry Pi 4 Model B」の国内向けモデルが店頭入荷、ケースなども多数あり(AKIBA PC Hotline!)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1220924.html

というわけで、11月26日にめでたく販売開始とのことだったので、本日 秋葉原に所用のついでに買ってきました。

秋葉原 千石通商

入荷しました!

では早速、UnBoxです

まずは外観は、、こんな感じです

技適もありますね

UK製ですね

側面は、、変わっていますね

説明書も、、

ケースも買いました。
今回は、この新しいスライドケースが扱いやすそうなので、これをチョイス。

インターフェイス名の記載があり、これは地味に嬉しいところ。

この様にスライドして装着します。
かなり扱いは良さそう。

 

基板にも技適が印字されているので、安心です。

 

そうそう、今回はHDMIが mini HDMI 規格で搭載されているため、 mini HDMI – HDMI 変換アダプタも買いました。
買っておくと便利ですよ~。

以上、UnBoxでした!
明日くらいにはインストールを試した記事を書こうと思いますので、お楽しみに!

 

追記

OkdoロゴのあるRaspberry pi 4はusb-cバグ修正版のようです。(※バグって何とかは以下のサイトで)

・Raspberry Pi 4のUSB Type-Cポートが規格通りでない話の詳細(HANPEN-BLOG)
https://hanpenblog.com/11049/

ちなみに私が購入したRaspberry pi 4ですが、Okdoロゴが有り ThinkPadのUSB-Cのアダプターでも電源が入ったので、大丈夫な気がします。


UNO

CobaltサーバやBluequartz大好き、bash大好きなCLARAの中の人です。

あわせて読みたい