MENU

お問い合わせ

中国サイバー
セキュリティ法

—2017年6月1日施行—

中国サイバーセキュリティ法のリスクと検討すべき対策

中国サイバーセキュリティ法Q&A

中国サイバーセキュリティ法に関するお問い合わせ

中国サイバーセキュリティ法における日本企業の対策

セキュリティ保護義務について
自社サイバーセキュリティ対策の内容、危機管理計画、使用中の通信機器やサービス。
重要インフラ領域の該当有無と当該運営者への要求事項について
「重要情報インフラ」の該当有無、該当時のセキュリティ管理チームの設置、社員教育や訓練の計画策定、また製品・サービス購入時にはセキュリティ・秘密保持契約の確認。
個人情報・重要データの越境移転の制限について
中国国内サーバーへの移行、プライバシーポリシーの再確認、越境移転しているデータの内容、社内安全評価作業チームに必要な専門人材要否など。

個人情報や重要データの越境移転時に必要なセキュリティ評価は、右記下記データの内容によって評価を実施する担当が異なります。

  • 50万人分を超える個人情報
  • 核施設、生物化学、国防軍地、人口・健康などの領域のデータ
  • 大型建設プロジェクト、海洋環境、センシティブな地理情報、重要インフラ施設の安全保障上の欠陥及びセキュリティ対策などに関する情報
  • 重要情報インフラ運営者のデータ

2017年6月1日:サイバーセキュリティ法の施行

すでに違法ケースが出ており、すぐにも対策する必要があります

中国サイバーセキュリティ法
リスクアセスメントサービス

お客様のイラスト

何から対策をすればいいのか分からない…

だれに相談すればいいのか分からない…

arrow

まずは現状の精査から始めましょう

スタッフのイラスト
クララオンラインが、中国ビジネスを行う企業向けに
サイバーセキュリティ法による影響の有無を診断します
サイバーセキュリティ法が及ぼす影響
  • 国内事業で収集・生成したデータの国内保存の義務
  • 個人情報・重要データの海外への越境移転制限
  • 違反による、法人および担当者個人への罰則適用の可能性
シート

診断はヒアリングシートを記載いただくだけ

図
※1 本報告書は原則診断対象企業の自己申告に基づき診断を行います。
さらに詳細な調査が必要な場合には、別途コンサルティングサービスをご提案いたします。
お客様事例

お問い合わせ

中国サイバーセキュリティ法に関するご相談・お問い合わせはこちら

関連サービス

日中間サイトへのアクセス改善

アリババクラウド

個人情報・重要データの保存に最適

詳しくはこちら

日中間VPN

日中間通信

データの越境移転に最適

詳しくはこちら

中国ICPライセンス

ICP登録・ICPライセンス

中国でのサーバ利用に必須

詳しくはこちら

中国 クラウド

中国コンサルティング

中国の法務・ビジネスコンサルティングの実績は多数あります。

詳しくはこちら

PAGETOP