1. ホーム
  2. クラウドソリューション
  3. アジアでのデータセンターサービス

Data Center Service

アジア各地でも物理サーバの構築運用を可能に

クララオンラインでは、クラウドサービスだけではなく物理サーバーのご提供もおこなっております。日本を含むアジアの5つの国と地域に拠点を持ち、8都市のデータセンターでサービスを提供しているため、必要なときに必要な土地でインターネットインフラの構築・運用が可能です。いづれも日本語でのご対応、日本円でのお支払いに対応しています。
また、各地域でのインターネット環境に精通しているスタッフよりコンサルティングサービスもご提供しています。


1. 中国

中国全土へのコンテンツ配信を実現するデータセンターサービス

中国大陸では、北京2拠点・上海1拠点のデータセンターでコロケーション・ホスティング及びパブリッククラウドサービスをご提供しています。2009年に北京でのデータセンターサービスの提供開始以来、中国の特殊なインターネット事情を考慮したサービス運用体制をとり、豊富な日系企業・中国企業向けの運用実績を有しています。また2010年からは、日系通信事業者の中国でのホスティングサービスをOEM提供しています。
また、クララオンラインは日系企業では数少ない中国の事業ライセンスを持つ事業者で、日本でのご契約だけでなく、中国国内でのご契約・人民元でのお支払いにも対応しています。


2. 台湾

台湾を中華圏向けコンテンツ配信のハブに

台湾では、台北市内の2ヶ所のデータセンターでサービスを提供しています。台湾のデータセンターは、台湾市場向けのコンテンツ配信だけでなく、中国大陸・香港など中華圏全体への通信ハブとしての機能にも適しており、実際に中国大陸向けのコンテンツ配信を台湾から行われているお客様のケースも多数取り扱っています。お客様設備をお持込いただくコロケーションサービスも1ラック単位で対応しています。

中華電信(CHT)と遠伝電信(FET)の台北データセンターの2カ所を採用

台湾では、台北市内の2ヶ所のデータセンターでサービスを提供しています。台湾のデータセンターは、台湾市場向けのコンテンツ配信だけでなく、中国大陸・香港など中華圏全体への通信ハブとしての機能にも適しており、実際に中国大陸向けのコンテンツ配信を台湾から行われているお客様のケースも多数取り扱っています。お客様設備をお持込いただくコロケーションサービスも1ラック単位で対応しています。

CHT
中華電信

台北市内の総統府エリアにある中華電信運営のデータセンターでサービス提供
台湾の国際ゲートウェイ拠点
総統府エリア(日本の霞が関・国会周辺に相当)のため万全の電源供給環境
WIS InternetがSo-net台湾(中華電信が3割出資)向けにホスティングサービスを提供中

FET
遠伝電信

遠伝電信の運営による最新のデータセンター
建物一棟すべてがデータセンターの専用ビル
総統府エリア(日本の霞が関・国会周辺に相当)のため万全の電源供給環境
台北市内中心部から車で20分程度のアクセス至便なロケーション

まずはお気軽にお問合せください。

上記サービスにない内容でもお気軽にお問合せください。