【2022年】プライベートクラウドトレンド資料公開!


クララオンラインでは、定期的に皆さんのお役立ていただけるホワイトペーパーを制作しています。
今回ご紹介するのは、【2022年】プライベートクラウドトレンド資料です。

クララオンラインでは、Nutanixを基盤に採用したプライベートクラウド「Clara Cloud」を提供しております。

サービスページも是非ご覧ください。

https://cloud.clara.jp/

【2022年】プライベートクラウドトレンド資料はこちらより無料ダウンロードできます!

 

そもそもプライベートクラウドって?

プライベートクラウドとは、簡単にいうと「オンプレミスのように使えるクラウド」のことです。

オンプレミスの良さと、クラウドの良さを併せ持っているので、以下のような利点があります。

<プライベートクラウドの利点>

  • 自社専用のクラウド環境
  • 使用したいシステムに合わせて、パブリッククラウドのように自由に環境を構築・削除が可能
  • 独自のセキュリティポリシーを適用でき強固なセキュリティのもと柔軟に運用できる
  • 月額課金・従量課金など、料金形態が選べるため、ITインフラコストを見通しやすい

 

オンプレミスとは?

オンプレミスとは、自社内もしくは調達した占有スペースにサーバーを配置し利用するシステム形態のことです。

オンプレミスは、カスタマイズの自由度が高く、インフラを自分達で構築・運用・管理を行うため、自社の要件にあわせて自由にシステムを構築できます。また、構築したシステムは自社のみで利用するため、クラウドのように第三者とインフラを共有することがありません。

このようにオンプレミスは、自社専用に高度にカスタマイズされたシステムや、どうしても自社で保有しておきたいデータがある場合に向いています。

 

パブリッククラウドとは?

パブリッククラウドとは、オープンな形態のクラウドコンピューティング環境のことです。 パブリッククラウドは、業界・業種・法人・個人問わず利用でき、専用のハードウェアなどを所有することなく、企業でも個人でも利用したい人が必要な時に必要なだけ自由にサーバーやネットワークリソースを使うことができます。

ネットでオンライン申し込みをして、すぐにクラウドサービスを利用でき、必要な分だけリソースを利用できる従量課金制の料金形態であることが多いです。

そのため、アクセス数や会員数の増減などにあわせて、リソースの増減が簡単にでき、また、保守管理を自社で行う必要がないため、システム担当者の負担が減るというメリットもあります。

 

プライベートクラウドの利用方法は2通り

プライベートクラウドを利用するには2通りの方法があります。

①オンプレミス型
②ホステッド型

①オンプレミス型

導入したい企業が自社で機材を購入し、初期構築を行います。

機器の初期設定だけではなく、自社内での電源の確保、ネットワークの接続も行うため、設計や移行対応が可能なITインフラ技術者が社内に在籍している必要があります。

その他ライセンス費用などの対応も全て自社で行う必要もあります。

 

②ホステッド型

機器などの資産を持たずに、プライベートクラウドを提供している事業者からサービスとして提供を受ける形です。

機器本体の運用・管理やライセンスの購入・管理など現場担当者がインフラ運用の際、煩わしいと感じることをサービス提供者に任せることができます。

また、意思決定者の不安材料であるセキュリティでは、機器・ファシリティの特定性が担保された専有のハードウェアで運用ができるため、監査などにも柔軟に対応が可能です。

 

2022年プライベートクラウド市場はどうなっていく?

IDC Japanの国内プライベートクラウド市場予測によると、2025年まで順当に市場は成長する見通しです。

コロナウイルス感染拡大の影響は、企業の経営戦略およびIT投資に対する意識を変え、「クラウドファースト戦略」のさらなる浸透と、デジタルトランスフォーメーション(DX)/データ駆動型ビジネスに対する取り組みを加速しています。

「機微情報(センシティブデータ)の取り扱い」「ネットワーク遅延」「他システムとの連携性」「仕様の柔軟性」などを評価して、プライベートクラウドを選択する企業も多くいます。

IDC Japan:国内プライベートクラウド市場予測
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ48305321

2022年のプライベートクラウドトレンドは?

2022年のプライベートクラウドトレンドについては本資料内でご紹介しております。

ご覧になりたい方は、【2022年】プライベートクラウドトレンド資料をご覧ください。

無料でダウンロードいただけます。

本資料は以下フォームからすぐにダウンロードいただけます。
お客様情報をご入力いただき、プライバシーポリシーをご確認・ご同意の上、送信ボタンを押してください。
メールにて資料のダウンロードURLをお送りしております


おすすめ