本番稼働中の KUSANAGI on Alibaba Cloud をコピーしてテスト環境を作る

こんにちは。クララオンラインの吉村です。

今回は KUSANAGI on Alibaba Cloud 環境のコピーの話です。

 

中国でもWordPress

Alibaba CloudではWordPress高速化パッケージであるKUSANAGIが利用できます。

イメージとして提供されているので、インストールもとても簡単です。

中国国内でWordPress使う時には KUSANAGI on Alibaba Cloud が最も楽な方法ではないでしょうか。

 

■KUSANAGI公式サイト

https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-on-alibaba_cloud/

 

■Alibaba CloudのKUSANAGI紹介ページ

https://jp.alibabacloud.com/partner/kusanagi

 

 

WordPress環境のコピーが簡単

さて、すでに KUSANAGI on Alibaba Cloud でWEBサイトを作ったところからスタートです。

一度KUSANAGI上でWEBサイトを作った後に、

「本番稼働中の環境は設定変更が怖いのでいじりたくない。コピーを作ってテスト環境が欲しい」

というケースはないでしょうか。

KUSANAGI on Alibaba Cloudならとても簡単にできるので、ご紹介します。

 

作業イメージ

alibaba_005

 

 

Step1. Alibaba Cloud上でスナップショットからイメージを作成

ECSのイメージ(バックアップ)を作ります。

– クラウドディスクのスナップショットを作成。

– スナップショットからカスタムイメージを作成。

の順になります。

こちらを参考にしてやってみてください。

 

ちなみに、2018年10月現在、Alibaba Cloud はECSのスナップショットとイメージが無料で使えます。

毎日自動でスナップショット取っておいて、作業ミスやWordPressのバージョンアップでサイトブレイキングの保険が掛けられるのは魅力です。

 

 

Step2. Alibaba Cloud上でイメージからECSを作成

こちらもとても簡単。

先ほど作ったカスタムイメージからECSを作成します。

こちらはECSの画面キャプチャですが、日本と中国のリージョンが1つの画面で確認できるって素晴らしい!!

alibaba_ECS_001

 

カスタムイメージで先ほど作ったECSのイメージを選びましょう。

 

 

Alibaba Cloud のサーバ作成時には、最初のログイン情報を選択できます。

  • 鍵認証
  • イメージのパスワードを使う
  • 新規パスワード設定

また、サーバのインスタンス名とホスト名両方が設定可能です。

システム構成の画面

alibaba_ECS_003

 

ここまでくればほぼコピーサーバの完成です。数クリックで簡単に同じサーバが作れます。

そして、2,3分あれば自動的に起動してきます。

 

 

 

Step3. KUSABAGIでWordPressのFQDNを変更

サーバが出来たので、サーバにログインしてKUSANAGIの設定を行います。

サーバにログインしてKUSANAGIが出てきます。


__ ____ _______ ___ _ _____ __________
/ //_/ / / / ___// | / | / / | / ____/ _/
/ ,< / / / /\__ \/ /| | / |/ / /| |/ / __ / /
/ /| / /_/ /___/ / ___ |/ /| / ___ / /_/ // /
/_/ |_\____//____/_/ |_/_/ |_/_/ |_\____/___/

Version 8.4.0-3, Powered by Prime Strategy.

[root@web-staging ~]#

まずはKUSANAGIで現在の状態を確認。


# kusanagi status
Profile: production_web
FQDN: 本番環境のFQDN
Type: WordPress
KUSANAGI Version 8.4.0-3
Alibaba Cloud

・

・

・

項目 説明
Profile 現在設定をするWEBサイトの名前(KUSANAGI上での呼び名 ) / カレントプロファイル
FQDN WEBサイトのFQDN
Type カレントプロファイルのプロファイルタイプ(WordPress, concrete5, drupal8, lampのいずれかが入る)
KUSANAGI Version 現在のKUSANAGIバージョン番号
Alibaba Cloud 使用するクラウドプロバイダ固有の文字列

参考URL : https://kusanagi.tokyo/document/command/

※もし、KUSANAGI上に複数のプロファイルが設定されていて、カレントプロファイルが設定したいものでない場合には、カレントプロファイルの切替を行ってください。 ここでは既に設定したいカレントプロファイルになっているものとします。

 

それではFQDNを変更します。

書式

# kusanagi setting –fqdn “新しいFQDN”  “設定したいプロファイル名”

というコマンドだけです。


# kusanagi setting --fqdn テスト環境のFQDN production_web

・

・

・

You chose /etc/pki certificate, so not changed in server config.
Done.

これでFQDNの変更が完了です。

 

もし、新しいFQDNでDNS設定も完了し名前解決が出来ていたら、SSL証明書も Let’s Encrypt で簡単に導入できます。

書式

# kusanagi ssl –email “メールアドレス” “設定したいプロファイル名”


# kusanagi ssl --email hogehoge@clara.ad.jp production_web
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
Obtaining a new certificate
Performing the following challenges:

・

・

・

IMPORTANT NOTES:
- Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:

・

・

・

Enabling auto renewal certificate
Modified nginx/httpd config files and restart.
Done.

新しいFQDNでSSL証明書を取得してきて、自動更新設定までやってくれます。

 

最後にWEBサーバ(この場合はnginx)の再起動をして反映をしましょう。


# kusanagi nginx
use nginx
Done.

 

これで完了です。

新しいFQDNでWordPressにアクセスを試してください。

オリジナルと同じパスワードでログインできます。

 

 

おまけ. これもやっておいた方が良いかも

新しいWordPressを見てみると・・・何も表示されない!?

その時には、WordPressテーマ(外観)が別に作られている可能性があります。

WordPressの管理画面から、外観設定をオリジナルに戻して上げてください。

wordpress_kusanagai_001

 

以上となります。

WEBサイト作っている方にとっては、とても簡単で助かりますね!

 

あわせて読みたい