Nutanix 移行ツールmoveの展開


ESXiやHyper-V、AWSなどの環境からNutanix AHV環境への移行に際して、moveという移行ツールが
Nutanix社から公開されております。
moveは以前はxtractと呼ばれておりましたが、仮想マシンとして稼働するアプライアンスです。

今回はmoveのAHV環境への展開と初期NW設定までを、Prismを使用してGUIにてやってみます。

 


ダウンロード

Nutanixのサポートサイトからダウンロードします。

イメージはESXi上で稼働させるOVAファイルと、AHV用のイメージがあります。
今回は現時点の最新版である Ver3.4.1 でAHV用のイメージをダウンロードしました。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると以下のようなファイルが展開されます。

 

 

Prismからのイメージファイルアップロード

Prismにログインし、「イメージ設定」から qCOW2 ファイルをアップロードします。
Image Type は DISK にしてアップロードします。

 

アップロード完了したら ACTIVE になれば使用可能になります。

 

 

仮想マシンの作成

moveのイメージファイルの悪性が完了したら、move用の仮想マシンの作成を行います。

「仮想マシン」のから「仮想マシンを作成」します。
moveの最小スペックは下記になります。

・vCPU for each Core: 2
・Number of Cores: 2
・Memory: 4 GB

 

 

仮想マシンのDisk設定にて、デフォルトで接続されているCDROMを削除し、先ほどアップロードしたmoveのディスクイメージを追加します。

最後にNICを接続して保存します。

 

 

 

move起動

仮想マシンの作成が完了したら、moveを起動します。
moveはデフォルトではDHCPでIPを取得します。

ブラウザからIPアドレスでアクセスすると初回は下記のような画面が表示され、進めていくと
nutanixユーザのパスワード設定が実施されます。

 

 

ログインすると、moveの管理画面が表示されます。

 

 

 

静的IPへの変更

moveはデフォルトではDHCPですが、静的IPに変更する場合は下記の手順を実施します。

コンソールからログインします。

ユーザ名:admin
デフォルトパスワード:nutanix/4u

 

初回ログイン時は、パスワードの変更とIPアドレス設定のウィザードが表示されるのでそれに従って設定することも可能です。

 

 

後から静的IPを変更する場合は下記のコマンドで変更できます。

IPアドレスの設定ウィザードが起動するので、指示に従ってNW設定すればOKです。

 

 

以上で、moveのAHV環境への展開と初期のNW設定は完了です。
以降、SorceとTargetを設定して、Migration Planを作成していく形になります。

 

Nutanix 移行ツール move を使用したAWS環境からの移行-ソース・ターゲット登録

Nutanix 移行ツール move を使用したAWS環境からの移行-マイグレーションプラン作成とカットオーバー

 


あわせて読みたい