中国HIPHOP・中国说唱(2017年10月)

What’s up!

今日は、今めちゃめちゃ熱い中国HIPHOPについてお送りします。中国トレンドや中国マーケティングに興味がある方は要チェキ。

 

The Rap Of China(中国有嘻哈)

まずは、中国で流行りまくっているネット番組「The Rap Of China(中国有嘻哈) 」です。

英BBCでも「Hip-hop takes centre stage in China for the first time」として取り上げられましたこの番組は、中国HIPHOPシーンの拡大に大きく貢献し、社会現象となっています。

日本でもAbemaTV(テレビ朝日)の番組で「フリースタイルダンジョン」が流行っていますが、The Rap of China はフリースタイルダンジョンのようなMCバトル形式ではなく、ラッパーのショーケース勝負になります。

番組に出てくるラッパーたちは本格派もいればアイドルラッパーもいて混合玉石。厳しい審査員はラッパーを見極める手段として「フリースタイルが出来るか?」と投げかけるのですが、フリースタイルが出来ないとラッパー失格。こういうところはHIPHOPマナーに沿った番組と言えるでしょう。

百聞は一見に如かず。是非YouTubeではなく、iQiyi で見てください。

 

さて、ここからは、きっとあなたも興味が沸くこと間違いなし。中国HIPHOPの楽曲をご紹介します。

“WeChat”  Higher Brothers ft. Keith Ape

このPVはスマホで見てください。

Higher Brothersは中国に限らずアメリカでも人気のあるラップグループです。

配信レーベルである 88rising は中国の壁を超えて世界に向けて音楽を配信しています。日本においても、iTunesストアでもピックアップされたり、音楽番組でも紹介されたりと、中国ミレニアルズらしくグローバルなマーケットを狙っています。

さて、この “WeChat” は 2017年5月にリリースされたアルバム『Black Cab』の1曲目に収録されています。

There’s no Skype, no Facebook, no Twitter, no Instagram
We use WeChat
Hey yo Keith, tell me your WeChat number?

という、イントロのシャウトから始まり、WeChat で女の子を連絡を取りあって遊ぶことを歌っています。

featuring している韓国人ラッパー Keith Ape も WeChat を使って、Higher Brothers のメンバーとやり取りをする内容がとても面白いです。

WeChatの使い方を知りたい人は是非こちらの動画を見て勉強してください。

 

” ALIPAY”  Tizzy T & MC JIN

WeChat の次はAlipayです。

こちらはコマーシャルな楽曲となっています。日本でも企業のネットCMに日本人ラッパー起用が増えてきましたが、中国でも同じく中国人ラッパーの起用が増えてきました。先ほどの Higher Brothers も adidas Originalsの中国プロモーションに起用されています。

この曲のラッパーTizzy T は1993年生まれと若いですが、キャリアは長いらしく2010年頃から活動をしているようです。The Rap Of China にも出場しています。

そして、なにより MC JIN です。Ruff Ryders ファンの皆様、あの MC JIN は2015年から中国にステージを移し、「Hip Hop Man」という愛称でまだまだ活躍しているのです。

私が新宿のQfront の CISCO レコードにMC JINの”learn chinese”を買いに行ったのが2004年。もうかなり昔話ですね。

さて、この曲は、無束縛 ( Unrestricted ) というサブタイトルがついていますが、中国でのスマホ決済の便利さは日本でも知れ渡るところ。

中国に行く際には是非皆さんもお試しください。

どうやって試せばいいのか?という人は是非こちらの「アリペイ(Alipay)/微信支付(WeChatPay)セットアップサービス」tOriPayを利用してみてください。

 

中二病 “PG ONE”

こちらも The Rap Of China で大人気 PG ONE の楽曲です。

タイトルでピンとくると思いますが、日本オタクです。

HIPHOP の歌詞で良く扱われるトピックとして、self boasting (自慢)がありますが、これはアニメキャラを比喩として出し、自分と重ねて自分の凄さをラップにしています。

動画見ているだけでも面白いですが、是非内容をLyricの内容もチェックしてみください。

 

 

“无尽航班” EASY BOYZ GANG -(艾福杰尼 Ft. PACT)

最後に、「簡単なボーイズ」です。

詳細は全く分かりません。笑

しかし、こういうのがあるから海外のHIPHOPはとても面白いですよね!

 

まとめ

いかがでしたか?

これであなたも中国HIPHOPホリックですね。

東アジアでは韓国のHIPHOPシーンが飛び抜けていますが、日本も中国も徐々に追いついてきたのではないでしょうか。

中国のトレンドであるHIPHOP、この機を見逃してはいけません。

日本企業のマーケッターの方は、中国マーケットへのプロモーションには中国ラッパーの起用をご検討ください。

逆に、中国系企業のマーケターの方は、日本マーケットへのプロモーションには日本人ラッパーの起用をご検討ください。

 

それでは、次回をお楽しみに!

あわせて読みたい