AWS(北京)基礎編(3/5) そして課金へ・・・

AWS(北京) の連載記事3回目になります。

あれ、課金されてる

AWS(China)のマネージメントコンソールを見たら、課金されていることに気付きました。(>_<)

Dashbord

dashbord

Bills

awscn_bill

無料利用枠は無いようですね。

通貨単位は、たぶん人民元なんだろうと思います。

それはいいとして、ちょっと変わった請求項目が見えます。

  • Sinnet Services CNY-Fixed-Operation
  • China Net Center Services CNY-Fixed-Operation
  • VAT

【AWS発表】近日公開 – 中国(北京)リージョン

アマゾンAWSがついに中国リージョンを開設

こちらを見ると、AWSはSinnetとChina Net Centerと協力してやっているようです。

そちらの会社に支払われると思われます。

VATは付加価値税かな?

中国に納税が必要ですよね。

価格リストのページもありますが、AWS CONFIDENTIAL と書いてあって怖いので、ちょっと載せません。

ログインすれば確認できます。

今のところ、登録した住所に請求書が送られてくるような仕様っぽく見えます。

設定を見ると、Payment Type:Invoice となっています。

外国在住の場合、どうしたらいいんでしょうか?クレジットカード払いに変更できるか、不明です。

To change your payment method, please contact us here. とあり、メールフォームに飛ばされます。

頑張ってやり取りすれば、なんとかなるのかもしれません。

あわせて読みたい