1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 欧立恩拓电机商贸(上海)有限公司様

日本ではニフティクラウド、中国では鴻図雲
ベースが同じだからこそスムーズに中国展開が可能

欧立恩拓电机商贸(上海)有限公司

密な連携で安定稼動
ともに中国市場という大海をわたる

欧立恩拓电机商贸(上海)有限公司
営業企画部
朱 耀辉
WEBサイト:http://www.orientalmotor.com.cn/

技術の進歩に応じて多様化するモーターへのニーズに応じるため、日々新しくうまれる必要な「動き」を広い視野でとらえ、最適なサービスとして提供を行うオリエンタルモーター社のラインナップは約50,000種類にのぼる。既存の領域に加えて、近年ではエコカーや太陽光発電装置など環境関連分野にも活躍の場を広げている。

01

日本と中国の双方で密なコミュニケーション

クララとのお付き合いはオリエンタルモーター日本本社がすでにクララのサービスを利用していたことがきっかけで、アジアサイトのリニューアルのため、中国のサーバインフラ提供会社を選定する際に自然と候補にあがりました。もちろん、コンペのような形で検討しましたが、結果的に中国向けサイトのサーバインフラでもクララにお願いすることになりました。決め手となったのは、日本企業と中国現地の両方で同じ担当営業・技術の方と会話ができること。その上で、他社と比較して、インフラの提案力・サービス開始後のサポート力があるなと感じたことでした。

02

物理サーバからクラウドへの移行でコスト削減を実現

クララのサービスは基本的に安定稼動しているので、トラブルもめったにないですし、特にお話するエピソードもありません(笑)まあ、強いて言うとすれば、中国向けサイトを物理サーバからクララが提供しているクラウドサービス『鴻図雲(ホンツーユン)』へ移行したことでしょうか。

インフラのコスト削減を検討しはじめていたときに提案をもらいました。物理サーバからクラウドへの移行作業は特に問題もなく終了し、結果的に1/3のコストダウンを達成できたので満足しています。また、鴻図雲はニフティクラウドをベースにした中国のクラウドサービスなので、すでに日本でニフティクラウドを利用している弊社としては、もともと操作に慣れ親しんでいたということもあり安心して使うことができました。

03

日本と中国で異なるインターネット事情を認識

中国でのビジネス展開において我々がうまくいった要因は日本の情シス部門の責任者が中国に4年間赴任していたということですね。彼自身が中国の状況を把握し情報発信してくれているおかげもあり、日本側は中国のインターネット事情に対して理解がとても深いです。組織として高いIT水準が求められますが、日本と同じレベルを要求されるということがないので、中国法人としては、必要以上のコストや工数をかけることなく、中国それぞれの地域に適したITリソースの投資を行うことができます。

また、中国のインターネット事情が変化を続けていく中で、中国と日本でIT部門間の連携も密に行っています。今日も日本のWEB担当者が中国に出張に来ていますが、定期的な交流を行うことで、中国の現状を現地視点で体感してもらい、しっかりと現状にあった対策を立てることができるよう心がけています。クララとのIT技術や中国市場の情報交換の場も活用しつつ、今後も日本・中国それぞれでしっかり連携していきたいと考えています。

まずはお気軽にお問合せください。

上記サービスにない内容でもお気軽にお問合せください。