1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. できるまでやるクララのソリューション

1%の可能性をあるというかないというかできるまでやるクララのソリューション

株式会社クララオンライン グローバルソリューション事業部

“難しいことをやってのける集団”それがクララオンラインだと思う

株式会社クララオンライン グローバルソリューション事業部 土倉恵一・吉村真輝

インフラの構築だけでなく、インフラの運用に強みを発揮するクララオンラインのソリューションチーム。インターネットのクラウド化、市場のクロスオーバー化にともない、国内外を問わずあらためて高度な案件のご相談が増えています。クララオンラインの特徴は、構築チーム、運用チームとともに営業チームまでチームとしての一体感をもってサービスをご提供すること。お客様の前提把握から、課題設定、そして解決提案まで、お客様ビジネスの成功を達成するため一貫したコンセプトとクオリティで取り組んでいます。


01

専門家たちからなるプロジェクトチーム

私たちクララオンラインでは、お客様からご相談いただいた時にまず、営業担当者と技術者がお伺いします。できるだけ多角的な視点で検討し最適なご提案をしたいと考えているからです。必要があれば、運用チーム、コンサルティングチームもプロジェクトにジョインして、様々な知見を持つ専門家が、ゴールとそのための戦略を共有して問題の解決にあたります。 私たちクララオンラインのチームの特徴は二つあると考えます。一つは、お客様の業務内容や技術要件を理解する能力の高さ。もう一つは、通常のホスティング会社の常識を越えた様々なレイヤーが理解できること。これらは、クララオンラインがこれまでお客様のサポートを手厚く行ってきた経験の蓄積の結果です。サーバの設定に限らず、ミドルウェアからアプリケーションのレイヤーまで可能な限りお客様をサポートする、という考え方でこれまでサービスをご提供してきましたので、領域にとらわれず一般的なインフラ構築サービスに留まらないご提案が必然的にできるようになりました。

02

なんでもやってのけるインフラ構築集団

型にはまった既存のサービスをただご紹介するだけでなく、お客様それぞれ個別の問題に対応すること、私たちの真価を発揮できるのはそのような、他社ではなかなか積極的に応えてもらえないような“無理難題”をご相談いただいた時です。技術力の高さとサポートの充実を背景に、新しい技術やサービス、他社が扱っていない解決策も探し出してご提案する姿勢がお客様からご評価頂いていると考えています。 過去の例ですと、データセンターのサーバーを70台近く移設するご相談を頂いた際に、単純に移設するだけでなく、仮想化して調査した結果20台程度に最適化しコスト削減にも大きく貢献することができた事例や、データセンターの移行の際にサーバーOSをSolarisからLinuxに切り替えたりした事例など、お客様にとっても私たちにとってもはじめての挑戦となるような“奇抜”な成功事例が語り切れないほど沢山あります。

03

DevOps 構築運用サービスの考え方

私たちがDevOpsと呼んでいるサービスカテゴリーは、お客様が漠然とイメージされていることを具現化するためのサービスだと考えています。セキュリティ対応一つとっても、お客様の要求レベルやアプリケーションによって対策は様々ですし、そもそも何をブロックしたいのか、何を守りたいのかなどによってご提案すべきプランは変わります。 私たちがチームでサービス提供している目的は、お客様のまだ漠然としたご要望を引き出す役目、お客様がまだお気付きでない点を発見する役割、考えられる問題点や検討のポイントをあらかじめ共有する専門的な視点、これらすべてをワンストップでご提供したいからです。お客様の負担を最小限にしてリソースをコア業務に集中していただく、それこそが私たちが提供するサービスの本質だと考えています。

04

パブリッククラウドの可能性に応えたい

このところ頻繁に、パブリッククラウドを活用したインフラ構築のご相談をいただきます。クララオンラインではポピュラーなAWS(アマゾン ウェブ サービス)などだけでなく、お客様がご要望されれば可能な限りあらゆるサービスを検討します。ご満足を感じていただいているお客様からは、やはり私たちのサポート品質への評価が高いと感じています。クラウド時代になり、運用オペレーションのアウトソース需要が高まっていることをここでも感じています。 クラウドにアップされる情報量はこれからも莫大に増加していくでしょう。日本だけでなく、中国やアジアでも、もちろん世界的にクラウドサービスの需要がますます高まることは確実です。しかし、一方で、クラウドのエンジニアはそれに比例して同じスピードで増えていくことはできません。ですからこれからは、クラウドに対応できるエンジニアを増やすというだけでなく、いかに自動化するか、効率化するか、といった対応が必要になってくると思います。クララオンラインでは、5年先10年先の運用に備えて、いまからその可能性に取り組んでいます。

05

多彩な人材を擁するからこそできる

クララオンラインのチームの特徴は、それぞれの専門分野が高度な技術力を有していることですが、さらに、人種や地域の多様さもあると思います。日本のオフィスでもアジアを始め数多くの外国人スタッフが一緒になってプロジェクトに参加していますし、現地特有の問題や、現地の最新情報が必要な問題などについては、リアルタイムに問い合わせを行い、スピーディーに回答できる体制があります。アジア各国に居る現地のスタッフも、日系企業での勤務経験があるものをはじめとして、日本のお客様に求められるサービス品質や対応品質を熟知している者たちばかりです。 インターネットに国境がないということはもちろんですが、クララオンラインでは、サービスをご提供する人材・スタッフにも国境がないと考えていますので、言語や人種の違いによるストレスやコミュニケーションの壁は、ほとんど意識しないでプロジェクトを進めていただけると思います。

06

クララオンラインの営業担当は、乗り越えるべき壁が高ければ高いほど“燃える”、そんな気質を持っています。過去のエピソードでは、日本でサーバを組み立ててそれを中国に空輸し物流も含めて手配し納品したケース、中国旧正月の休日中に稼働可能な業者を探し出し専用にラインを確保して3週間程度でサーバの設定まで行って納品したケース、などお客様に“伝説”として語り継がれるようなエピソードもあります。 クララオンラインの営業部門にはまさに「お客様になりきって」目的を達成させるという精神が溢れています。時には「お客様以上にお客様の利益を考える」、そんな“文化”と言えるようなクララオンライン・スピリッツが、お客様に期待以上の成果をご提供できている根幹だと自負しています。

07

日本でもアジアでも地域や内容に関わらずご相談を

クララオンラインのアジア地域での強みをお話ししてきましたが、当然ながら日本国内のサービスでも、高い優位性をご提供できると考えております。日本を代表する大企業、業界を牽引するリーディングカンパニー、成長著しいモバイル/ゲーム/エンターテイメント分野のポテンシャルの高い企業の皆様を中心に、日本国内に限っても事例の数は業界でもトップクラスだと思います。 それに加えて、中国をはじめとしたアジアでのITビジネスサポート、インフラの構築・運用も、繰り返しになりますが私たちの強みです。 私たちクララオンラインとしては、これからのビジネスに日本国内だけ、あるいは国外だけという制約は無効になりつつあると考えています。ボーダレスなアクセスを前提にしないビジネスはもう成り立ちません。ですから、ロケーションやプロジェクトにこだわらず、ITでビジネスを成功に導きたいとお考えのお客様すべてに、私たちクララオンラインのサービスをご体験いただきと考えています。

まずはお気軽にお問合せください。

上記サービスにない内容でもお気軽にお問合せください。