Seminar @Online

【DDoS対策基本セミナー】各種対策方法の特徴から見る、自社に最適なDDoS防御の選び方とは

本セミナーは終了しました。

2020年以降、ゼロデイ攻撃などが急増し、全ての組織で「Webサイトのセキュリティ対策」が急務になっております。

なかでも被害が急増しているのが、DDoS攻撃です。DDoS攻撃とは、Webサイトやサーバに対し過剰なアクセスやデータを送付され、サーバダウンなどを引き起こすサイバー攻撃の一つで、DDoS攻撃やサイバー攻撃への対策を行っていない場合、サイトが見れなくなるだけでなく、サーバダウンによるサービスの停止により営業機会の損失や収益ビジネス損害などの大きな被害が生じます。そして昨今、攻撃の対象は大企業だけではなく、中小企業へと広がっています。

一般的なDDoS攻撃の対策には、

    • ・不正侵入検知・防御システム:IPS/IDSの導入
    • ・統合脅威管理:UTMの導入
    • ・コンテンツデリバリネットワーク:CDNの導入
    • ・Web Application Firewall:WAFの導入

などの対策方法があります。

そんな様々なDDoS対策が複数ある中、自社の状況に合わせてどのような手段を選べば良いのでしょうか?

マルチベンダーとして、様々なセキュリティプロダクトを提供・運用してきた弊社だからこそお伝えできる、自社IT環境に合わせたセキュリティサービスの選び方を解説します。

 

このセミナーでは、

  • ポイント
  • 中小企業向け、DDoS攻撃・サイバー攻撃トレンド
  • DDoS・サイバー攻撃への各種対策方法とメリット・デメリットが知りたい、コストや導入後の運用負荷などの違いを知りたい
  • 自社のネットワークやシステム構成を考慮し、どんな対策が合っているのかを知りたい
  • 対策を講じたところで、実際にDDos攻撃を防ぐことができるのか

などを解説いたします。

お気軽にご参加ください。

 

開催概要

タイトル 【DDoS対策基本セミナー】各種対策方法の特徴から見る、自社に最適なDDoS防御の選び方とは
日時

2022年11月16日(水) 15時~

会場 オンライン開催 (お申込後、参加手順をご案内いたします。)
参加費 無料(事前登録制)
留意事項 プライバシーポリシーにご同意の上、お申し込みください。

 

受付中のセミナーとイベント

メルマガ登録フォーム

次回開催のセミナー情報やクララオンラインの独自の情報をお届けします。

当社プライバシーポリシーはこちら

反響の高いオンデマンド配信

CloudHealth withコロナ時代のAWS中国を攻略する HCI as a Service クラウド移行の期待値

アフターレポート

CloudHealth withコロナ時代のAWS中国を攻略する
claracloud