ブルートフォースブロッカー

迷惑メール対策でストレスを軽減

悪意をもった送信者たちが大量送信を行う迷惑メールは、メールを利用するお客様を悩ませる原因のひとつです。クララオンラインでは、ご利用いただいているサーバに送信されるメールから、迷惑メールをフィルタリングするサービスを提供します。

累積学習型とリアルタイムにスパム情報を管理する2種類のエンジンで識別性能を強化

Active! hunterは最新の機械学習理論に基づく学習型スパムフィルタSVM (Support Vector Machine)と世界中で実績のあるコラボレーション型スパムフィルタCLOUDMARKのDoubleエンジンを搭載した国内開発のアンチスパム製品です。日本特有のメール事情を把握して累積学習するSVMと、ほぼリアルタイムでスパム情報を更新するCLOUDMARKの強力なDoubleエンジンを中心に17段階の複合的なフィルタリング機能がスパムメールの脅威からメールシステムやユーザを保護します。

個人毎の管理・設定画面「パーソナルコントローラ」

パーソナルコントローラ画面から、ユーザーが各自で送受信メール一覧の確認やフィルタの選択・設定など、簡単に操作することができます。また、メール一覧画面から該当項目をクリックするだけでダイレクトにブラックリスト/ホワイトリストに登録できる機能など、細部にまで使いやすさを追求しています。英文メールフィルタ・SVMフィルタ・CLOUDMARKフィルタの設定もメールアドレス毎に行うことが可能です。

日本語スパムメールの高い遮断率

携帯電話のメールで見られる会話体の短い文章や単語の区切りが存在しない記法など、日本の電子メールには日本ならではの特徴が存在します。海外のアンチスパム製品ではその対応に限界がありますが、日本語スパムメールへの対応を強化しているActive! hunterなら、高度なスパムフィルターによって日本語スパムメールの遮断を可能にします。

クララオンラインならではの運用サービスとサポート体制でご提供

  • ソフトウェアの導入・spamフィルタリング用サーバの運用管理・サポートを一括して対応
  • 既存メールサーバとの連携対応

サービス料金・仕様

アカウント数 50 100 150 200 250 300 350 400
初期費用 5,000
月額費用(円) 12,000 20,000 28,000 34,000 40,000 45,000 50,000 55,000
1アカウントあたりの
月額費用
240.0 200.0 186.6 170.0 160.0 150.0 142.8 137.5
アカウント数 450 500 550 600 650 700 750 1000
初期費用 5,000
月額費用(円) 60,000 65,000 70,000 75,000 80,000 85,000 90,000 95,000
1アカウントあたりの
月額費用
133.3 130.0 127.2 125.0 123.0 121.4 120.0 95.0

※上記は税抜価格です
※ソフトウェア導入費用、スパムフィルタリング用サーバの運用費用・回線費用等を含んでいます

まずはお気軽にお問合せください。

上記サービスにない内容でもお気軽にお問合せください。

#11

日本からアジアへ展開
ニフティクラウドを選択
要件に沿ったハイコストパフォーマンスな構成

“良いものをつくりたい”が合言葉
得意分野を活かしたチーム体制で話題のゲームを開発

セイノーホールディングス株式会社

View more

#10

日本での事業拡大
AWSの運用・監視・保守を全面委託|
越境ECからグローバルIoTビジネスへ

規制緩和で活性化するサブスクリプションビジネス
AWSへの移行・導入はもはや規定路線

ビープラッツ株式会社

規制緩和で活性化する市場でAWSへの移行・導入はもはや規定路線。クラウド活用なくしてサブスクリプションビジネスは成立しません。

View more

Case#04

日本からアジアへ展開
日本ではニフティクラウド、中国では鴻図雲|
ベースが同じだからこそスムーズに中国展開が可能

密な連携で安定稼動
ともに中国市場という大海をわたる

欧立恩拓电机商贸(上海)有限公司

日々変わり行く中国の状況に臨機応変に対応するために重要なのは、日本・中国の両国でしっかりと必要なコミュニケーションをとり続けること。

View more

#09

日本での事業拡大
金融業界のIT化はまだ始まったばかり|
FinTechを支えるのは確かな安定性とセキュリティ

サーバ構築・保守への信頼は10年来
要求レベルの高い案件もクララなら任せられる

株式会社想研

金融業界に押し寄せるIT化の波に乗り、当社のビジネスも急激に拡大。高度なセキュリティと安定性を備えたインフラの整備は必要不可欠です。

View more

Case#03

日本からアジアへ展開
日系だから安心できる|
鴻図雲で安定したサービス稼動

特異な国・中国で独自のサービス提供
パートナーとの協力体制で数々の問題を乗り越える

上海賢房信息技術有限公司

日系クラウドサービスならではの安心感を決め手に鴻図雲を導入。タイトなスケジュールや急な変更にも臨機応変にご対応。

View more

#08

日本での事業拡大
戦略的システム部門へと方向転換|
サーバ移管はその実現への第一歩

部員3人で70台のサーバを管理
手間とリスクの解消は切実な課題だった

日本コンベンションサービス株式会社

部門全体への負荷を軽減し、その時間をコア業務に充当する。サーバ移行を検討し始めた段階から目指していたことが、ようやく形になってきたといえます。

View more

#07

日本での事業拡大
紙カルテのデータ化実現は|
安心・安全な国内BCP対策が決め手

カルテのデータ化から国内BCP対策とビッグデータ活用
基幹システム構築やモバイル活用で連携していきたい

湘南美容外科クリニック

新しいカルテシステムの目的は、保管スペースの削減やBCP対策だけではありません。ビッグデータである膨大なカルテ情報の活用も大きな目的です。

View more

#06

日本での事業拡大
サポート力に絶対の信頼をおいて10年|
「何が起きても大丈夫という安心」を実感

サーバ構築から海外市場進出支援まで
手厚いサポートが魅力

インクレイブ株式会社

機密保持の要求水準が高い案件も任せられるという安心には、費用以上の価値があると思っています。

View more

#05

日本での事業拡大
システム全面移行の一大プロジェクト|
日々の運用を通しての対応で障害が10分の1に

基幹サーバの全面移行を決断
信頼できるMSPにサーバを任せ攻めの姿勢へ

株式会社ドゥ・ハウス

もしサーバの管理をずっと自社で賄っていたとしたら、現在の私たちのWebサービスのいくつかは生まれていなかったかもしれません。

View more

Case#02

日本からアジアへ展開

スピード感を持った動きで中国市場に挑む
糖猴子有限公司

必要なタイミングで必要なサービスを求められるスピード感でご提供。アクセスの増減にあわせ、フレキシブルに対応できる高品質なクラウドサービスに魅力。

View more

Case#01

日本からアジアへ展開

鴻図雲とともに中国で羽ばたく
本田技研工業(中国)投資有限公司

クラウドサービスと物理サーバの良いところを組み合わせ、より自由で高品質な環境をご利用いただけるハイブリッドでの構成をご提案。

View more

#04

日本からアジアへ展開
ゲーム成熟市場である韓国へ|未経験で挑んだライセンスアウト

アジア進出は“できる”その自信が一番の成果
パートナーさえいれば難しくない

株式会社ロボット

通常、1年程度かかると聞くローカライズのプロジェクトが、わずか5ヶ月足らずでリリースまで達成できたのは、クララの手厚いサポートのおかげ。初回の打ち合わせから、「これならいける」という高い期待感を持ちました。

View more

#03

クララならできる
1%の可能性をあるというかないというか|できるまでやるクララのソリューション

“難しいことをやってのける集団”
それがクララオンラインだと思う

株式会社クララオンライン グローバルソリューション事業部

私たちがチームでサービス提供しているのは、お客様のまだ漠然としたご要望を引き出す役目、お客様がまだお気付きでない点を発見する役割、考えられる問題点や検討のポイントをあらかじめ共有する専門的な視点、をすべてワンストップでご提供したいからです。

View more

#02

クララならできる
お客様と一緒に挑戦する|クロスボーダービジネスのパートナー

試行錯誤した実体験こそクララの強み
失敗の経験も含めてノウハウを提供したい

株式会社クララオンライン

私たちは、そもそも継続的なお客様とのパートナーシップがビジネスのゴールだと考えていますから、とにかくお客様のビジネスが成功しなければ私たちの成功もありません。そのために「私たちができることは何でもやる」というスタンスでサービス提供を行っています。

View more

#01

日本からアジアへ展開
中国で新しくビジネスを展開するということ|中国でのゲーム事業展開支援

DNAに刻まれたベンチャースピリット
中国市場進出への挑戦

株式会社プレミアムエージェンシー

中国現地のパートナー企業と組んで開発を進めるにあたって、ソースコードの管理・共有を日本と中国という2つの会社の間で確実かつ円滑に行うためには、クラウドにデータを置いて進めるしかないと考えたのです。

View more